先日行ったNYイチ大きい
ロックフェラーセンターの
クリスマスツリー

224


ーーーーーーーーーーーーーー
緊張と言っても
ガチガチになって
萎縮するものではなく
ここで言うのは
ちょっと恐れがあったり
不安いっぱいで
それを乗り越える為に
カラダと心の全集中を
しなきゃいけない
ような感じこと

このフォーカス状態で
成長スピードは
劇的に変化するから
停滞感があるなら
一気に周りを変えたり
身の丈以上の世界に
飛び込むのもアリ

ニューヨークに行った頃
僕は演技が超下手で
ブロードウェイのプロたちと
初めて舞台をした時に
端役だったけど
いきなり自分にとって
場違いな場所で
アタフタした
経験が沢山ある

先輩たちの演技に
圧倒されながら
ダメ出しやアドバイスを
聞き逃さないように
集中しなきゃ
ついていけなかったから
ここではがむしゃらで
必死さゆえの
緊張感と言えばいいか

ウチの娘も
1ヶ月前の大舞台では
大人に混じって
子供が2人だけの環境で
プロのダンサーさんたちと
仕事ができて
それが今では既に
彼女の自信に
なってるよう

今回のニューヨークの
撮影も子供は彼女1人だけで
堂々と現場で
30人くらいの大人に混じって
頑張っている
何も言わないけど
不安な気持ちや
友達のいない中で
心細い思いもあるだろう

お山の大将や
心地よいマンネリでなく
いつでも自分より
上の環境か
全く違う状況で
いろんな人のやり方を見て
やっていけば
より刺激になる

特に怠け者の僕や
練習嫌いの
娘のようなタイプには
そういう環境におしあげて
もらうのが丁度いい
 
その為には
日常から飛び出して
数日間でも海外で
レッスンするとか
外国人の中で
有名講師の
授業を受けるとか
自分の細胞が驚く環境で
心地よさのレベルや
価値観を激変させていけば
良い副作用も満載

そのうち
ちょっとした
背伸びやストレッチが
快感に変わり
もっともっと
そんな体験を
追求したくなっていき
そのゾーンに入れば
もうしめたものだ