舞台「春琴(しゅんきん)」を観た。
素晴らしい作品描写で究極の恋愛ストーリーだった。

観終わったあと

ジワジワと身体の奥底で
何かが這いずり回っていた、、、、
笈田ヨシさんがパンフレットに
世阿弥の言葉 ”離見の見” に言及されていて
その言葉も自分の心に染み渡った。

「舞台で演じている時には
それを少し離れて観ている目が必要である
(世阿弥)」

 「実際の生活でもその目がなければならない
せめて実生活の一部だけでも舞台でやっているよ
うにできたら生活は楽しくてもっと豊かな関係ができる。(笈田ヨシさん)」

 88