82

まだまだ新しい事にチャレンジし続ける
僕の師匠、テリー・シュライバー
76歳という年齢を感じさせず未だにパワフルだ。
ブロードウェイ、オフ・ブロードウェイ
世界中で演出をしながら
自身のスタジオでも毎年作品を発表し演技指導をしている。その活動歴は40年以上である。
日本でも80年代
「奇跡の人」
「欲望という名の電車」などを演出。

今回の作品はジャスミン・ビヴァリー・ラナという若い脚本家とのコラボの
" The Fallen " (堕ちたもの、戦没者)。

 83
1990年代のボスニアの内戦、戦争によって

現在も戦争時に体験したトラウマを抱えて生きる
男女6人の話。

戦争によって傷ついたのは被害者だけでなく
加害者もやり場のない深い罪の意識を背負って
生きている姿がとても印象的で考えさせられる。

 84

公演後、キャスト全員と脚本家を
テリーが紹介してくれて
みんなと話が出来た事は
僕にとって素晴らしい時間になり
芝居の内容やテリーのクラスの話と
これを日本でもぜひやりたいね
などと、皆で盛り上がる。

キャストの皆はまだ若いのに
流石テリーの生徒さんたちで
しっかりした演技、迫力も満点であった。

ありがとう、みんな!!!